98字日記ーひとりのときに

文章を書く鍛錬として書きはじめました。

「98字」は自分への課題のひとつです。

バイオリニストが演奏前に調弦するA(アー)の音のように、

正確に、短く、つづく音楽が気持ちよく響くことを願って

7月3日(日)
作品集『The World of Donald Evans 』を、4年ほど前、買っておいてよかった。今日はじめて、解説をゆっくりと読む。想像上で国を創り、山河、人々、気候、果実、鳥、魚と全てを考えて切手を描いた夭折の画家。

7月2日(土)
参院選の期日前投票を済ませる。投票日の前日がワクチン接種なので、熱が出る可能性もあるため。私が行った時は、他に二人しかいず、コロナウィルスが拡散される心配もない、静かで明るい部屋で投票をおえられた。

7月1日(金)

「十九世紀 チャイコフスキイが旅してたとき/一人の左官屋の口ずさむ民謡にうっとり/やにわにその場で採譜した/アンダンテ・カンタービレの原曲を/口ずさんでいたロシヤの左官屋/彼はどんななりしていたのだろう」(茨木のり子『二人の左官屋』から)