翻訳断章

 

 

32
訳文を「ですます調」にするか「である調」にするかは原文では示されない日本語の問題なので、訳者それぞれが決めること。新聞記事はほとんど後者。手紙文は前者が多い。幼児向けの読み物は易しい感じを前者で出すことがある。小説やエッセイをどちらにするか、ひとえに訳者の原文の読込み方にかかる。日本語の作品を文体の視点からも沢山読んでおきたい。