翻訳断章

 

 

52
翻訳で日本語がこなれていることを目指すのは間違いだと思う。どの国であっても言葉そのものが文化のひとつだ。「こなれた日本語」ほど自ずから昔からの日本人の考え方や感じ方を表すことになる。翻訳はあくまで日本語を通じて元の国の文化を伝えるのだから、正しく分かりやすい日本語を使うのは当然として、日本の文化を含め過ぎないようにしたい。